km_pg55cd

※画像クリックで拡大

KEMITEC PG55 CLEAN DIESEL

2L ¥3,000
在庫有り
4L ¥5,200
在庫有り
20L ¥22,000
在庫有り

ケミテック製ロングライフクーラント、PG55 CLEAN DIESEL。

PG55 CLEAN DIESELはクリーンディーゼルに最適なロングライフクーラントです。

PG55 CLEAN DIESELの特徴

  • 国内外各自動車メーカーのクリーンディーゼルエンジンに最適
  • 高温になるディーゼルエンジン用に強化されたケミテック独自の添加剤を使用
  • 毒性のないプロピレングリコールが主体なので環境・人・クルマに優しい作り
  • 熱吸収性と放出性に優れ、黒煙除去フィルター(DPF)清掃時や渋滞時でも水温の上がりすぎを防ぐ
  • 高い防錆効果が持続するので、5年/5万キロという長時間の使用が可能

 

クリーンディーゼルに求められる冷却水とは?

クリーンディーゼルと称されるエンジンを積む車両は昨今、様々な自動車メーカーからリリースされている人気のカテゴリです。

ところがそれらすべてのディーゼルエンジンは、通常走行時において意図的に水温が上がってしまう状態があります。そのため、クリーンディーゼルには他のクーラントと異なり、ディーゼルエンジン向けに特化したクーラントを適用する必要があります。

ディーゼルが高水温となってしまう理由

ディーゼルエンジンには、排気ガス内に含まれる有毒物質を軽減させるための黒煙除去フィルター(通称:DPF)が搭載されています。DPFは排気管の途中に設置されているため、すべての排気ガスはこのDPFを通過します。

その際、軽油の燃焼で発生するスス(通称:PM)をフィルターに吸着させて大気への放出を防いでいます。しかし、フィルターへの吸着=溜める一方ではフィルターが詰まってしまうので、一定量のPMがたまるとフィルターのクリーニングが行われます。

クリーニング方法はとてもシンプルで、エンジンからの排気の熱を利用し、燃やしきることでフィルターを綺麗な状態に戻します。

しかしこのクリーニング。通常のエンジンサイクルとは異なり、クリーニングさせるための排気の熱を上げるため、燃料量やバルブ・点火タイミング等を制御し、意図的に高排気温の状況を作り出しています。

当然、意図的な排気温度をあげることに付随して水温も定常運転時よりも上昇してしまいます。これがガソリンエンジンとの一番の違いです。

高水温運転でディーゼルエンジンにダメージ?!

DPFをクリーニングする燃焼温度の運転状態は、必ずしもエンジンにいい状態とは言えません。当然、燃焼温度の上昇に伴い水温も上がってしまうため、オーバーヒートしてしまうことも起こりえます。そうなると、オーバーヒート予防でDPFクリーニングを行わなかったり、クリーニング時間を短縮・途中終了させてしまいます。

するとエンジンチェックランプが点灯したり、PMが溜まりすぎているためにDPFクリーニング処理に時間が長くなるので、余計に水温を上げてしまうこともあります。

また、クリーンディーゼルエンジンはエンジンを軽量に作るためアルミ製パーツを多く使用していますが、アルミは高水温に弱い面もあるため、エンジン保護の面からも水温の上がりすぎには注意が必要なのです。

クリーンディーゼル向け高性能ロングライフクーラント

アフターパーツ市場において、国内トップのエンジン冷却水製造メーカーであるケミテックでは独自開発の添加剤を配合することで高水温への対策を施した高性能ロングライフクーラント「PG55 CLEAN DIESEL」が開発されました。

クリーンディーゼルがもつメリットを最大限に生かすため、水温の最適化を図る高性能なロングライフクーラントです。

 

商品の発送について

本商品はケミテックより直送となります。そのためステッカー等のほかの商品との同梱ができません。あらかじめご承知ください。