初開催のエビス西でのAttack!NAレコード誕生とリベンジを誓う地元勢のリザルト

2018年11月07日 レポート

Attackのイベントとしては初の福島県エビスサーキット西コースにて開催となりました「Attack エビス presented by カーゴトレーラーのMAROYA」は無事終了しました。

本イベントの開催に際し、メインスポンサーとしてイベントを支えてくださった「カーゴトレーラーのMAROYA」様を始め、協賛品を提供いただいた「SUNOCO」様、「横浜ゴム株式会社」様、Attack2018-2019シーズンスポンサーの企業各社様、そして漢気スポンサーの皆様にも心より感謝申し上げます。

またスーパーラップ走行が多いこのタイムアタックイベントにおいて、スムーズな進行にご協力いただきましたドライバーやエントラントの皆様、そしてイベント当日にご来場いただきましたお客様にも御礼申し上げます!以下、イベントレポートです。

エビス西のNAレコード更新!ついに分切りへ

今回の「Attack エビス presented by カーゴトレーラーのMAROYA」において、達成なるかと目されていたのがエビス西コースで史上初となる“NA車両による1分切り”という記録。

これまでのNAレコードとしては1分00秒357というタイムで、この記録を保持するヨシタカさん(ARVOU☆TIT 黄緑S2000)が自己ベスト更新とともに、エビス西の分切りへの挑戦をしました。

今日は新品(ADVAN A050 GS)も1セット持ち込んでいるので、朝一のフリー走行で中古タイヤで自己ベスト相当が出れば、夕方のスーパーラップでそれを投入して分切りする予定です。

前回の菅生(SUNOCO presents Attack 東北 in SUGO 2018)の辺りで見直したジオメトリが良い方向になっているのと、今回やってきた仕様変更がまとまればベストは狙えると思うんですけど・・・

ヨシタカ

朝一に設けられたスーパーラップは出生せず、シーズンの走り始めということでフリー枠から全開走行となったARVOU☆TIT 黄緑S2000。

そこからわずか数周後、「まずは中古で0秒台を」という本人の意思とは裏腹に、出るべき記録があっけなく記されました。

エビス西NAコースレコード:59秒955
@ARVOU☆TIT 黄緑S2000 / ヨシタカ

今回持ち込まれた、いわゆる2019シーズン仕様となったARVOU☆TIT 黄緑S2000は、外見を見る限りでは間違い探しのレベルでエンジンも昨シーズンのまま。

けれど今シーズンに向け、フロントエアロの効きを見直したり、吸気温度を少しでも下げる取り組みを行ったこと、昨シーズン筑波で悩んでいた足回りのセットがクリアになりつつあることなど、それらが相乗したことが今回の持ち込みセットでの分切りに繋がったそうです。

そしてこれから本格化する2019年のタイムアタックシーズン。特に毎年激戦となる筑波では、S2000でいえば「ASM S2000×加藤選手」の自然吸気S2000の最速記録がどこまで伸ばすか楽しみな傍ら、ひょっとすると・・・という光景が頭をよぎるのは、真摯にチューニングカーらしさにこだわるS2000と向き合うヨシタカさんと、その歩みがそうされるのかもしれません。

ちなみにこの日、持ち込まれた新品のADVAN A050 GSは路面温度や気温があまり良くないということで使用せずに持ち越し。

エビスサーキットの西コースの“本気”アタックは別の機会に・・・とのことでした。

多数エントリーの地元福島勢。ベスト更新なるもリベンジに燃える展開に

エビスサーキットでのAttack開催で、今回目立ったのは地元である福島勢のエントリー。

実に12台が福島県のエントラントで、特にショップ&ショップ経由からのエントリーも多く、アクセレーションさんやエースガレージさんなどから多くのエントリーを頂きました。ありがとうございます!

そして福島勢の中でベスト更新に気合が入っていたのは、Attack筑波の参戦経験もある地元民の菅野 拓さん(エージェントケイ/SGR Works 180sx)と、、、

マミさん(RS-Ishizawaピンキー)。

ともに朝一のスーパーラップから出走し、記録更新へと挑みましたが・・・。それぞれ自己ベスト更新となったものの、目標タイムには届かず悔しさ漂う結果となりました。

特に「エビスサーキットでのAttack開催を誰よりも強く渇望していた」という自負がある菅野 拓さん曰く、「僕のためのイベントw」にしてエビス西の分切りならずという結果。日が陰った最後のスーパーラップにおいては・・・

攻め続けるも分切りまではいたらず、最後の走行枠を走り終えても0秒台止まりとなりました(1’00″483)。

それがA○木さんの場内アナウンスで伝わったと同時に、間髪入れずに発せられた「この悔しさがないと次につながらないし、速く成れないから」という言葉を背負う形となったクーリングラップは、とても感傷的な光景でした。

けれど、そこには「オレもやれば○○秒くらいは出せる」という机上の空論を並べ続ける大人よりも、今できることの全てを尽くて走り続けた若者の、それとは比べ物にならないほど先のある挑戦の記録が残りました。

Attackエビスはエンジョイ系が中心。西コース初走行やシェイクダウンも多数

Attack筑波に比べると、「Attack エビス presented by カーゴトレーラーのMAROYA」は比較的ユルめのエンジョイ系が多数を占めるイベントです。

そのため筑波常連組のエビス西初走行や、今シーズンの初転がし・シェイクダウンとなった方も多かったです。

昨シーズン、「SUNOCO presents Attack -2018- Tsukuba Championship」で56秒台を記録したFD3S RX-7のオートレスキュー伊豆withSCOOT / やばたん安東さんもその仕様としてはエビス初走行。

相対比較のタイムとしては分切りは最低限果たしたいというところでしたが・・・

エアロを優先したオーバーハングがエビス西のギャップやアンジュレーションに合わず、旋回するたびに「どこかは擦る」という状況。全開には程遠い走行しかできず、悶々としたご様子。

「今度エビスに来るときはエビス用にセットを見直して分切りはする!」と悔しさ漂う走行となりました。

またこの日、今シーズンからCarShopGLOW製作のFD3S RX-7・・・

・・・でサーキット走行を始めた★GLOW★FD3S ZEST Power / 絶好調先生はラジアルとSタイヤ(GLOW 原さんのお古のADVAN A050 GSコンパウンド)にて積極的に周回。

本格的なサーキット走行はまだキャリアが浅い中でGLOW 原さんのサポートのもと、FD3S RX-7では初走行のエビス西コースを楽しまれていました。

そしてFD3S RX-7勢としてはエビス西のレコードホルダー(57秒914)のサカモトエンジニアリングの坂本さん・・・

・・・はアドホックワークス赤白FD3S 2号車 / 蓮池 新太郎さんのセットアップで参加。今回、足回りやエンジンを刷新したという「筑波分切り狙い」の蓮池さんのFD3S RX-7をサポートしていました。

結果として淡々と周回をこなし、1秒台を連発。シェイクダウンとデータ取りとしては十分にテストがこなせたとのことでした。

イベント開催に際しご協力いただいた皆様

「Attack エビス presented by カーゴトレーラーのMAROYA」はメインスポンサーであるMAROYA様を始め、多くのスポンサー様のご支援・ご協力のもと、開催ができました。心より感謝申し上げます。

カーゴトレーラーのMAROYA様

カーゴトレーラーのMAROYA

www.maroya.jp

SUNOCO(日本サン石油株式会社)様

SUNOCO(日本サン石油株式会社)様のスポンサー紹介ページはこちら

※イベント当日にSUNOCO様が撮影した方々はSUNOCO公式SNS(みんカラ等)にて紹介予定です。

横浜ゴム株式会社様

横浜ゴム株式会社様のスポンサー紹介ページはこちら

Attack 2018-2019シーズンスポンサー各社様

※イベント開催日(2018.11.03)時点

Attack 2018-2019シーズンスポンサー各社様の紹介ページはこちら

ブース出展を頂いた皆様

カーゴトレーラーのMAROYA様

www.maroya.jp

SUNOCO(日本サン石油株式会社)様

SUNOCO(日本サン石油株式会社)様のスポンサー紹介ページはこちら

Ace Garage様

www.ace-garage.net

ピヨピヨRacing#83様

www.piyopiyo.moon.bindcloud.jp

イベントガール:奥田千尋ちゃん

Twitter:@hiromiyanyanko / instagram:@hiromiyanyanko

(supported by つかさちゃんプロダクション)

イベントダイジェスト動画

Attack Official@DAYSのチャンネル登録はこちら

イベントフォトギャラリー

次戦のAttackイベントについて

次戦のAttackイベントの開催は、現在サーキットと日程調整中ではありますが、2019年02月上旬予定のAttack鈴鹿(仮)となっております。その後は2019年02月23日開催のAttack筑波(仮)、2019年3月開催予定のAttack岡山(仮)と続きます。

※鈴鹿と筑波につきましては現在、メインスポンサーを募集中です。詳しくはこちら

イベントの詳細や募集等はまた別途PRさせて頂きます。引き続き、チューニングカータイムアタックイベント@Attackをよろしくお願い申し上げます。

「Attack エビス presented by カーゴトレーラーのMAROYA」イベント特設サイトはこちら

  • この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」をお願いします!

最新の情報や画像、動画は各種SNSでも配信中

「フォロー」、「いいね!」、「チャンネル登録」を頂けると最新情報が届きます。