今買える筑波最速マシン!?筑波55秒台のテクニカルオートワンズ FD3S RX-7が販売中!

2018年05月11日 お知らせ

FD3S RX-7でタイムアタックをしたい、もしくは大規模なアップデートを模索している方に朗報です!

筑波タイムアタックの2014年シーズンにおいて、オーナードライブでロータリーエンジン搭載車両として最速を誇った「テクニカルオートワンズ」デモカーのFD3S RX-7。それが現在販売中となっており、次のオーナーを募集しています!

テクニカルオートワンズのFD3S RX-7について

群馬県前橋市のテクニカルオートワンズが製作したこのFD3S RX-7は、サーキット専用車両として車両重量:1065キロ、最大出力:567馬力×トルク:54キロの基本性能を持っています。
テクニカルオートワンズのホームページはこちら

Attackの前身でもある「ADVAN素人最速選手権」(2012年2月開催)にて57秒341を記録し、そこから進化を続けてきたFD3S RX-7は現在、筑波サーキットのコース2000を「55秒237」で周回した記録を持っています。

また新潟県にある間瀬サーキットでは、間瀬史上初の“分切り”となる「59秒915」を2014年に記録しています。

テクニカルオートワンズFD3S RX-7

いずれのラップタイムもプロドライバーではなく、オーナー兼チューナーである高橋さんが自らドライブして叩き出しています。

乗り味に関しては癖や運転が制限されることもありませんし、バランスはいいと思います。2014年に筑波でアタックしたままの仕様なので、タイムもそれなりに出るはずです。

もし可能なら、サーキットで結果を求める方に乗ってもらえたら凄く嬉しいですね!

テクニカルオートワンズ 高橋

Attack参戦時の動画

車両のお問い合わせや見積・購入について

今回紹介したテクニカルオートワンズのデモカーFD3S RX-7は現在、カーショップグロウにて各種お問い合わせ受付を行っています。(カーショップグロウのホームページはこちら

車両の詳細な仕様やコンディション、各部の写真も豊富に掲載されていますので、気になる方はカーショップグロウのホームページをチェック♪

車両の見積りやお問合せについても下記ホームページよりお願いいたします!

テクニカルオートワンズワンズ FD3S RX-7の詳細はこちら

  • この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」をお願いします!

最新の情報や画像、動画は各種SNSでも配信中

「フォロー」、「いいね!」、「チャンネル登録」を頂けると最新情報が届きます。