SUNOCO presents ATTACK EXPO TSUKUBA 2018、イベントは無事に終了。ご参加&ご来場に感謝!

2018年03月19日 レポート&フォト

2018年03月18日(日)、筑波サーキットのコース1000にて開催されました「SUNOCO presents ATTACK EXPO TSUKUBA 2018」は無事に終了しました。

本イベントの開催に際し、ご支援・ご協力いただきましたSUNOCO(日本サン石油株式会社)様、横浜ゴム株式会社様を始め、スポンサー企業各社様、漢気スポンサーの皆様に心より感謝申し上げます。

またイベントのスムーズな進行にもご協力いただきましたドライバーやエントラントの皆様、そしてご来場いただきましたお客様にも御礼申し上げます。以下、イベントレポートになります。

初開催の筑波1000。いつもの集合写真はいつもどおり

Attackとしては初開催となった筑波サーキットのコース1000。そしていつも通り、イベントはドラミ後のコース上での記念撮影からのスタートとなりました。

まず朝一のコース上ではADVAN S660とともに、Attack筑波1000参戦アタッカーとLaLaSweetのレースクイーンで記念撮影。

そしてお昼のインターバルの時間帯では当日の出走者やエントラント、『田中むねよし』先生や運営スタッフ、観戦者を含めた「ほぼ全員」での撮影を行いました。

ご協力いただきました皆様、ありがとうございました!

イベントフォト

スーパーラップアタックでは多くの記録が誕生

スーパーラップ形式のみの走行スタイルで行われたAttack筑波1000。

朝と夕方、それぞれの時間帯に行われたスーパーラップでは多く記録が生まれました。

アマチュア最速記録更新!朝霞の種馬GT-Rが36秒台

前日、筑波サーキットコース2000で54秒台に入れた朝霞の種馬さんの「ADMIX☆スノコ☆ショーリン☆ケミテック種馬R」(BNR32)。

当日のアタックではラップタイムが自身初の36秒台に突入。

ベストタイムは36秒702を記録し、TC1000におけるアマチュア最速記録となりました。

オートプロデュースBOSS号、ラジアル最速タイムを記録

レーシングドライバーの山野 哲也選手がドライブしてアタックしたのはオートプロデュースBOSSの「PCA-BRZ」(ZC6)。

POTENZA RE-05D(サイズ:265/35R18) を使用し、記録されたタイムは37秒323。

一昔前ではSタイヤのレコードタイムに肉薄するタイムをストリートラジアルで叩き出しました。

ガレージワークが記録更新!NA最速を塗り替えたユーザーカー

朝霞の種馬さんのGT-Rが36秒台を記録する前まで、TC1000のアマチュアレコード記録を保持していたのはガレージワークの代表、とら♪さんとEG6シビックでした。(タイムは37秒079)

そしてイベント当日、とら♪さんが手掛ける車とオーナーがTC1000を初走行。それがこみぃ♪さんが駆る「G.WORK☆Ω☆ATS☆EK9改」(EK9)。

初走行でいきなりスーパーラップという状況の中、36秒台を記録。最終的には36秒842を記録し、NA車両としてのTC1000レコード記録となりました。

RX-8の筑波1000最速記録はラジアルで記録

Attack筑波1000のエントリーで最も多かった車種がマツダ RX-8。

その中でエイトリアンの「RTEエイトリアンμPJ雨宮RX8」(SE3P)が38秒286を記録。

使用タイヤはストリートラジアル(POTENZA RE-05D)でありながら、RX-8としての最速記録となりました。

イベントフォト

セカンドカーバトルが熱かったまっくんの♡ゆる~ぃ走行会

A氏:ゆる~ぃの定義って何ですかね?

B氏:知らん。ただゆる~ぃと本気が別なのは確か。

C氏:そしてセカンドカーじゃ誰が誰だかわからんね。

D氏:とりあえず時間あるし、じゃんけんするか?

某氏:だな、まずは予選だ。まっくん♡はシードだから決勝戦でね。

(じゃーんけーん・・・、ぽんっ)

※一部フィクション

Attackに参戦経験のあるアタッカーやその関係者が中心の「まっくんの♡ゆる~ぃ走行会」。基本的には本番車ではなく、練習車やお買い物車、ストリート号などでの参加が大半を占めました。

そして遠征組の参加もあり、当日がTC1000の初走行というエントラントも多かったです。鈴鹿からみつをさんやスギコウさんが遠征。

そして最も遠かったのは宮崎県から参戦の「おじちゃん」こと♪速の貴公子さん。

九州男児商会のブースを出展しつつの参加でした。

イベントフォト

Special Thanks !

ATS(エイティーエス)

www.a-t-s.co.jp

サーキット入門、同乗、シェイクダウン、車種別枠走行 etc…

「SUNOCO presents ATTACK EXPO TSUKUBA 2018」では上記の走行枠のほかにも、初心者優先走行会や参加者同士による同乗走行、トヨタスープラミーティング、T.U.C.GROUP Driving Experience 2018なども行われました。

初心者優先走行会&同乗走行枠

サーキットデビュー&ビギナーという方が中心の初心者優先走行会。

普段は軍手隊を務めている方のサーキット走行や同乗、車両のシェイクダウン&TC1000デビューなど、それぞれに走行を楽しまれていました。

イベントフォト

トヨタスープラミーティング

スープラオーナーズクラブが主体となって行われたトヨタスープラミーティング。

パドックエリアではオフ会、コース上ではスープラオンリーの走行会やスーパーラップ&パレードラン、レーシングドライバー:菊池靖選手による同乗走行などが行われました。

イベントフォト

T.U.C.GROUP Driving Experience 2018

T.U.C.GROUPによる走行枠「T.U.C.GROUP Driving Experience 2018」。

T.U.C.GROUPのA○木さんこと魔界さんを中心に、サーキットサポート付きの走行会では通常の走行に加え、ユーザーカーの同乗走行やデモカー同乗走行のなどが行われました。

イベントフォト

イベントダイジェスト動画

Attack Official@DAYSのチャンネル登録はこちら

Special Thanks !

SUNOCO(日本サン石油株式会社)様

www.sunoco.co.jp

横浜ゴム株式会社様

www.y-yokohama.com

次回のAttackイベントは東北!スポーツランドSUGO

次回のAttackイベントは2018年04月01日(日)に宮城県のスポーツランドSUGO インターナショナルレーシングコースにて行われる「SUNOCO presents Attack 東北 2018 in SUGO」となります。

「SUNOCO presents Attack 東北 2018 in SUGO」は今までと同様、「東北を元気に!」をコンセプトに開催いたします。現在、Attack1クラスのエントリーは受付が終了していますが、Attack2&3クラスとSomedayクラスはエントリー受付中です。

SUNOCO presents Attack 東北 2018 in SUGOイベント特設サイトはこちら

引き続き、チューニングカータイムアタックイベント@Attackをよろしくお願い申し上げます。

  • この記事が気に入ったら「いいね!」や「シェア」をお願いします!